2017/07/24

ハートランドフェリー「カランセ奥尻」(奥尻島・小樽・日本海へ 2 )

《 2017年6月26日 函館→奥尻島→函館 》

本日は奥尻島へ向かいます。
実はちょうど1年前にも行っているのですが、今年新しいフェリーが就航したので乗ってみたい。また、昨年は江差→奥尻→瀬棚と乗り継いで、奥尻島はタッチしただけだったので少し島内を巡ってみたいと思ったのでした。

0653発の函館バスで、函館駅から江差へ向かいます。

2017/07/22

津軽海峡フェリー「ブルーマーメイド」(奥尻島・小樽・日本海へ 1 )

《 2017年6月25日 青森→函館 》

ぱしふぃっくびいなすを下船後、アスパムの展望台からの眺望を楽しみました。
そして、「ねぶたん号」で向かったのは。。

津軽海峡フェリーのターミナル。
せっかく青森へ帰って来たところですが、再び北海道へ向かいます。


2017/07/18

青森で下船(花と緑の利尻島・礼文島クルーズ 5 )

《 2017年6月25日 青森 》

さて最終日の朝になりました。
今日は1130に青森港へ入港、下船の予定です。

0830頃、船での最後の食事をいただきました。
今朝のメロンも美味しいです。


2017/07/16

霧の礼文島(花と緑の利尻島・礼文島クルーズ 4 )

《 2017年6月24日 礼文島 》

礼文島は錨泊、テンダーボートでの上陸です。
朝、外を見ると、、

船泊港はすぐ目の前。



2017/07/09

利尻島でドライブ(花と緑の利尻島・礼文島クルーズ 3 )

《 2017年6月23日 利尻島 》

0830時利尻島沓形港に入港。のんびり朝御飯を食べていたら、入港完了しておりました。
それにしても良い天気です。
利尻島を訪れたのは4回目。最初は抜港。2回目は雨。3回目は曇り。ということで4回目にして最高のお天気に恵まれました。


2017/07/07

青森は雨(花と緑の利尻島・礼文島クルーズ 2 )

《 2017年6月22日 青森 》

青森港入港は0800時。
0730頃には港内に入っていました。
しかし、お天気は雨。


2017/07/05

横浜出航〜最初の寄港地宮古(花と緑の利尻島・礼文島クルーズ 1 )

6月20日ー25日まで、ぱしふぃっくびいなすの「利尻島・礼文島クルーズ」に乗船しました。
日程は、横浜ー宮古ー青森ー利尻島ー礼文島ー青森
前半は雨模様でしたが、後半は晴れ。特に利尻島では最高のお天気に恵まれました。


《2017年6月20日 横浜》

横浜大桟橋にて、1100時から受付が始まりました。まずまずのお天気です。


2017/06/16

佐渡へ(粟島・飛島・佐渡 4 )

《2017年5月26日 佐渡》

ホテルをチェックアウト後、徒歩3分の万代シティバスセンターへ向かいます。
6番乗り場から佐渡汽船行きのバスに乗りました。
乗り場とダイヤは前日に確認済みです。


2017/06/12

初めての飛島(とびしま)(粟島・飛島・佐渡 3 )

《2017年5月25日 飛島》

0830頃、宿を出発。
10分もかからずに、酒田港フェリーターミナルに到着しました。
そうなんです。「若葉旅館」さんは、お料理が美味しくて快適なだけじゃなく、飛島への船に乗るために最適な宿なのです。
ターミナルの前に「出航」の札が掲げられているのを見て一安心。この日は1航海のみなので代わりの便はありません。ここまで来て乗れなかったらがっかりですので。


2017/06/06

粟島ふたたび( 粟島・飛島・佐渡 2 )

《2017年5月24日 粟島》

宿を出て駅へ向かいます。と言ってもすぐ目の前なのですが。
ここで、港へ行く「粟島浦村乗合タクシー」を待ちます。予約制ですが、村上駅から岩船港まで通常2,000円のところを700円で利用でき、大変ありがたい。(詳しくはこちら

菖蒲が綺麗だな〜と見とれていたら、タクシーがやってきました。運転手さんが名前を確認してくれて乗り込むと、シートに100円硬貨が3枚。運転手さんにそう言って渡すと「ああ、忘れ物ですね。今乗っていた人、名前もわかるから。。ありがとうございます。」と。朝の船に乗って来られて、今病院まで送ってきたところだとか。このタクシーが島民の足となっている様子が垣間見えました。