2017/01/02

金刀比羅詣(2016瀬戸内海の旅 4 )

昨年の、それも11月末の船旅の続きです。


《2016年11月29日-30日 多度津→琴平→高松》

多度津駅から今度は土讃線の琴平行きに乗りました。
13分の乗車で琴平に到着。17時を過ぎるともうかなり暗くなっています。
JR琴平駅の駅舎は工事中でした。




駅前をそのまままっすぐ行くと琴電琴平駅が右手にあります。
鳥居の手前を左折して金倉川沿いに歩いていくと今夜の宿に着きました。



玄関を開けると、こんなお出迎えが。



通された部屋は2階の一番奥の角部屋。炬燵が嬉しいです。
トイレとお風呂は共用ですが、それらに一番近い場所でした。
なんと、たまたまこの日は宿泊客が私一人だったそうで利便を考えてくださったのでしょう。



後でお話を聞いたら築100年は経っているという古い日本旅館ですが、トイレやお風呂(檜風呂!)は改装されて綺麗です。
そして、この船形天井がなんとも素晴らしい!!こういう天井は初めて見ました。


洋式に改装されていますが趣のある洗面トイレ。



そして、夕食です。
丁寧に手作りされた心づくしの美味しいお料理でした。



食事を終えて部屋を出ると、そこには宿の招き猫ココちゃんが待っていてくれました。愛想のいいなかなかの美人さん。そこへ女将さんもやってきてしばし猫談義。ココちゃんがここへ来た経緯とか、我が家の猫のこととか、、話は尽きません。小一時間も話していたでしょうか。お仕事のお邪魔では?と思いましたが、宿泊客は私一人でしたから大丈夫だったかな?w









翌朝は6時過ぎに目が覚めました。
窓からの眺めです。


0730過ぎ、下へ降りていくとココちゃんが待っていてくれてご挨拶。
朝食も美味しかった。食卓には新聞も用意してくださいました。



0840宿を出る時にもココちゃんが一緒にお見送りしてくれました。こちらはご夫妻だけで切り盛りされていますが、従業員何人分もの働きをしているかもしれません。





さて、いよいよ金刀比羅宮参拝へ出発です。
実は6年ほど前に一度訪れているのですが、あまり体調が良くなく中途半端なお参りになっていました。それ以来、いつかまた来たいとずっと気になっていたのです。

宿のすぐ前が一之橋。ここを渡れば表参道の始まりです。




前回はあまり余裕がなく、ただひたすら階段を登ることだけを考えていましたが、今回は周りを見る余裕もあります。こういった顕彰碑もあったのですね。



大門までやってきました。



旭社を過ぎ、この急な階段を登れば


御本宮に到着です。


ここからの眺めは最高です。






さて、前回はここで力尽き、階段を下りましたが、今回はこの先の奥社を目指します。奥社への参道に入ると、今までとは急に雰囲気が変わります。静かな参道を自分と対話をしながら登る感じです。



白峰神社


「ご注意ください」と言われても遭遇したら勝てる自信はない。




最後の階段です。この二折れがなかなかキツイのですが、



その分、奥社に着いた時の喜びはなんとも言えないものでした。
金刀比羅宮奥社 厳魂神社。



ここで一段と素晴らしい眺めを見ながら少し休ませてもらい、御本宮までゆっくりと降りてきました。






絵馬殿も見学



登りでは気づかなかったのですが、まだ紅葉も少し残っています。




途中の神椿(資生堂パーラー)で一休み。
珈琲がいつも以上に美味しく感じられました。




海洋博物館にも立ち寄りました。内容が充実していて、時間が足りません。


持ち帰り自由のパンフレットや資料も充実しています。








宿に寄って預かっていただいていた荷物を受け取りました。



今度は琴電で高松へ向かいます。




このツートンカラーの車両は可愛いですね。





瓦町で下りて、この日の宿であるスーパーホテルに早めにチェックインしました。
少々休んだ後、夕食。ホテルのそばの「しんぺいうどん」で、温かい「とり天ぶっかけ」をいただきました。ボリューム満点。おでんも頼んでしまったのでお腹いっぱいになりました。




6 件のコメント:

  1. 旅好きおやじ1/02/2017

    久しぶりの金比羅さんです。奥社まで行ったのはもう20年くらい前になります。
    一度目は二十歳ころ。二度目の時は相当キツかったです。同級生8人で参拝し
    琴参閣の温泉で疲れをとりました。

    海の科学館結構楽しいでしょう。子供たちと行った時一緒に楽しみました。
    歌舞伎の案内もあったでしょう。毎年賑わっていますよ。

    懐かしい写真です。以前は確か新春クルーズの時でしたね。

    返信削除
    返信
    1. 後本宮と奥社では全然雰囲気が違いますね。やはり奥社まで行ってよかったです。
      金比羅さんには、歌舞伎座や温泉、裏道もある様ですしまだまだ楽しみがたくさん!また何度でも訪れたいです。
      そうそう、前回の新春クルーズの時に奥社まで行けなかったのがとても心残りで、、今回リベンジしました。

      削除
  2. 家族で切り盛りしている旅館。100年も続いているだけあって、お客さん相手に工夫を凝らすのと、何よりお客さんそのものが好きなのかなと思います。こういう方々とのお話しは楽しいですね。

    昨日は唐津に泊まって、今日は呼子から馬渡島に渡りました。今、博多で一息ついています。

    石段を見るだけで、島の坂をただ一人登ったときの自分との対話が思い出されますが、今回の旅でも相変わらず人から話しかけられています。しかも2日連続です(笑)。

    返信削除
    返信
    1. この宿はとても居心地が良かったのでまた是非泊まりに行きたいと思っています。ココちゃんにも会いたいですし。
      馬渡島ですか!昨年唐津を訪れた時に行ってみたかった島の候補の一つでした。いや〜気になります。

      今頃は、また瀬戸内海の海の上の人となっていらっしゃるのでしょうか。私だったらどのルートにしようかな。。などと考えてしまい。。完全にビョーキですねこりゃww

      削除
  3. 駅前旅館僕も大好きです。
    奥社まで行かれたのですね。
    ちょっと痩せたので今年チャレンジしてみたいです

    返信削除
    返信
    1. 初めて奥社に行った者が言うのもなんですが、御本宮までと奥社への道は全然雰囲気が違いました。
      ぜひ、チャレンジしてみてください。

      削除