2017/03/09

怒涛の防予フェリーと三津の渡し(2017瀬戸内の旅/冬 2 )

《2017年2月23日 三津→柳井→広島》

翌朝、どんよりと曇っていますが雨は落ちていないようです。
窓からお城が見えるのっていいなぁ。
下の方を見ると、お堀の横を走る路面電車の線路。ちょうど電車がやってきました。
ステイ時間短めの上に低層階という、かなりお安めのプランでしたが、いやいや十分な眺望です。






そのうえ、朝食もじゃこ天、じゃこカツその他の松山名物もあり、ジュースはもちろんポンジュース。写真の他にも果物やヨーグルト、珈琲など頂いて大満足。
初めて利用しましたが、かなり気に入りました。ただし、7月から別ブランドとして営業を始めるとあるのが気になります。このクオリティを維持してくれるといいのですが。






チェックアウトしてホテルを一歩出れば、電車が行き交っています。


タイミング良く、大手町駅での市内電車と郊外電車の交差も見ることができました。




この大手町駅から高浜行きに乗って、


港山駅で降りました。
この駅、3年ほど前に来た時は木造のいい雰囲気だったのですが、なんかスッキリしちゃいました。





港山から徒歩2分の、三津の渡しに乗ります。



向こうに見える三津浜港には中島汽船の「なかじま」が停泊しています。



朝から結構な風だったので、小さな渡し船は動いているかなと心配だったのですが、対岸にいた「こぶかり丸」はすぐにやってきました。乗船してから聞いてみると、状況を見ながら運行しているとのこと。タイミングが良かったようです。
船長さんに、こちらの渡しに乗るのは3回目ですと言うと随分驚いておられましたw
ここから松山城が見えるんですよ。とか、ブラタモリの撮影時タモリさんが座ったのはこの席。とか色々お話を聞かせていただきました。ほんの3分ぐらいの乗船時間なんですけどね。






ここから三津浜港へ行って船に乗るわけなんですが、まだ時間があるのでこの界隈を歩いてみます。


上の写真の看板の「鯛や」さんの前まで来ました。以前から気になっているのですが、残念ながら今回も食事をする時間はありません。





昔の海産物問屋



気になるお店でしたが、まだ開店前。



左は石崎汽船のビル。前に来た時は看板が上がっていましたが、無いところを見ると古くなって移転したのでしょうか。



正岡子規の句碑「十一人一人になりて秋の暮」



「きせんのりば」の標柱



こんなのありました。三津お散歩マップ


これらの碑と、道を挟んで建っているフェリー待合所。






1140発の柳井行き防予フェリーに乗ります。


船は「おれんじぐれいす」でした。



船室には柳井の金魚ちょうちんが下げられています。




後部デッキ



サイドのデッキにも椅子があります。



上階にはサロン風の船室があります。ここにも金魚ちょうちん。







1140出港。最前列の席に座りました。



ちょうどお昼時ですのでお弁当をいただきます。
この船には売店がないので、今朝、松山駅で駅弁を買ってきました。
素朴な弁当ながら、醤油ダレが上品な味です。         




お弁当を食べながら景色を楽しもうとしていた、その時、突然波がざっぶ〜ん!!船底にもドーンと当たります。なかなかの迫力。
でも、そんな中でもお弁当を食べ続けるワタクシw 昔は船酔いでヘロヘロになったこともありましたが、随分強くなったものです。








1230頃「おれんじじゅぴたー」と反航しました。




1240頃になると波もだいぶ落ち着いてきました。
屋代島と情島の間を航行していきます。



1315頃「しらきさん」と反航



1353 大島大橋が見えてきました。






1415 柳井港に入港下船しました。
港内に係船されていた「おれんじまーきゅりー」



こちらは、祝島行き定期船「いわい」
http://www.iwaishima.jp/home/info/info.htm




柳井港に来たのは3年半ぶりぐらいですが、ポートビルが新しくなっていました。







JR柳井港駅はすぐ目の前です。


駅から港方向を見るとこんなに近い。徒歩2分ぐらいです。





山陽本線で広島へ向かいます。



しばらく海沿いを走って行きます。



最初の「大畠駅」は、先ほど「おれんじぐれいす」で潜った大島大橋の袂のすぐそば。今度は陸から橋を眺めました。







1630頃、広島駅に到着。今日はここで泊ります。



夕飯はホテルのそばのお好み焼き屋さんで、牡蠣入りの広島焼きを。ここではカキオコとは言わないようです。



6 件のコメント:

  1. 蹴球閑人3/10/2017

    私も来月防予フェリーに乗船予定です。スターフライヤーで飛んで、1泊目は下関グランドホテル、2泊目はサンルート瀬戸大橋、徳島からOTFで帰ります。

    防予フェリーは売店がないんですね。新下関か徳山で駅弁を買って乗船します。

    返信削除
    返信
    1. 魅力的なルートですね〜
      お帰りになってからの旅行記を楽しみにしております。

      松山駅で駅弁を買う際にちょっとありまして。松山駅では構内でのみ駅弁を販売していたので入場券を買って入ったところ、駅弁屋さんが改札で断れば「何か特別の券」をくれるから入場券買わなくてよかったのだと。(そんなの知らんがな。と思いましたが)改札でその旨話したら、160円返してくれましたw

      削除
    2. m.y3/12/2017

      おはようございます。
       また寒さが戻ってしまいました。まゆきさんのところはいかがですか?
       楽しいフェリーの旅、船も食事も景色も本当に満喫している様子、羨ましいです。そんな楽しい航海記につられて私もフェリーを見学してきました。新日本海フェリー新造船「らべんだあ」です。もう感激の連続でした。お部屋も設備も思った以上豪華でした。お食事もビュッフェと素敵なレストランがありました。快適な船旅ができそうです。

      削除
    3. m.yさん
      こんばんは
      こちらは今日明日と暖かいようです。
      新日本海フェリーの「らべんだあ」のお披露目が横浜大桟橋で行われたのは、私も聞きました。
      新潟ー小樽航路ですから、新潟までなら関東からも比較的アクセスしやすいですし、ぜひ、一度乗船されてはいかがでしょう。帰りは、これまた人気の太平洋フェリーで仙台か名古屋まで乗られるのはどうですか?

      削除
  2. 松山市内の路面電車。踏切で電車が電車を待っている光景はやはり不思議です。さすがこういうのはここだけでしょうか?市街散策は松山城くらいしかありませんが、ここでは年配のご夫婦から写真を撮って欲しいと頼まれたりしていました。

    柳井の大島大橋は電車の中から見たことがありますが、この辺りは車窓から見える海岸線が綺麗ですね。防予フェリーもまだですし、渡るべき島がありすぎですね。どこから行こうか迷ってしまいます。

    最近は相変わらず東京湾岸の散策をしています。この週末また乗ってしまった東京湾フェリーでも3人組の青年たちから写真を頼まれましたが、「いいじゃん。いいじゃん。」と写真を見ながら、爽やかに「ありがとうございますっ!」と言われた時は少し嬉しかったです。

    返信削除
    返信
    1. 松山には何回か行って、路面電車にも郊外電車にも乗っているのに、この踏切が有名な場所だというのはだいぶ後になって気付きました。

      愛媛の三津浜が大好きで、渡しも大好きで何度も訪れているのですが、町中を散策したのはこれが初めて。古い歴史を感じさせる建物も残っていて往時の賑わいを思いました。そうそう、ここの名物(鯛めしの他に)三津浜焼きをご存知ですか?広島焼きのような感じですが、麺がうどんなんです。すっごくボリュームがあってお腹いっぱいになります。

      今回、祝島行きの船を見つけてしまい、また行かねばならない理由ができてしまいました(いつものパターンです)。

      削除